岸本探偵ブログ

経験豊富な女流探偵がお悩みごとのアドバイスをいたします

探偵の適正とは?

探偵の適正とは?

「探偵ブログ」第18話 

巷では探偵に憧れるとか、成りたかったとか良く言われる事がございます。

”探偵はBARにいる” の如く、スクリーンで見るような格好良さは殆どないかもです‥(笑う) またシャーロックホームズの様に爽快に難題を次々と解決するイメージとは少しかけ離れているのが現実です。しかしメディアが表現する探偵のイメージは少々スーパーマン的なアクションと華麗さが表現される事が多いので、その様に格好よく振る舞う探偵に少しでも近づけたらとは思いますが(^▽^) 

民間レベルでは警察や自衛隊の様に危機管理を徹底的に学んだ人の集まりでは無いので、当初は先輩の厳しい指導を受けながら現場を積み重ね覚えて行くのが実態です。現場は常に危険との背中合わせですし、体を張る仕事ですのでやはりこの業務に携わる人は適正が必要かと思います。

私はこれまで多くの部下と共にこの業を歩んで参りました。昼夜を問わず24時間365日と言った職業なので時には叱咤激励する事も多々御座いました。今日までに交通事故は大なり小なり御座いましたが、死者や大きな怪我人を出す事も無く現在に至っております。真面目にこれまでに携って頂いた探偵の皆様には感謝の気持で一杯です!!

大泉洋や松田龍平の様な格好良い探偵も何人かはいました‥(笑) 本件の探偵の適正に就いてですが、この職業は人なりが露骨に出る仕事なので大変重要です。

①機転(素早い判断力)②洞察力(深く読み見抜く力)③推理力(難問や疑問を解く力)④忍耐力(現場は長時間の我慢)⑤真面目な姿勢と冷静さなどで御座いますが、総じて頭脳明晰な方ほど適正かなと思う次第で御座います。因みに頭脳明晰の方は勉学も仕事もスポーツも恋愛も何でも出来る人が多いそうです‥(^▽^) そんな事から1人でも多くの優秀な探偵を求め、常に彷徨う今日で御座います!!

                                                                                                              女流探偵 岸本 美智子

 

岸本探偵ブログ一覧

法人でお悩みの方

危機管理に伴うトラブルは、早めの事実確認と早期解決が必須です!

時代は急速に変化し、高度情報システム社会と成りました。
企業や組織が有する情報資産の管理とルール化はリスク回避に必要不可欠な時代です。
しかし管理能力が不備な中小企業ほどそのリスクは高いとされ、ヘッドハンティングや企業買収、社内では機密漏洩・内部告発・組合活動等のトラブルは貴社の存立を左右します。早期に事実確認を為し、専門分野のプロフェショナルと共に解決へと導きます。
おかしい・・・と感じたらお早めにご相談下さい。

大阪、神戸など関西の『浮気・素行・所在』調査は女流探偵調査会社 株式会社 岸本総合リサーチ

法人・個人の調査から解決までトータルにサポート。お気軽にご相談ください。
0120-120-848(年中無休・お見積り無料)

お問い合わせ »