岸本探偵ブログ

経験豊富な女流探偵がお悩みごとのアドバイスをいたします

【浮気・不倫調査】ある乗っ取り事案について(第7話の続編)

【浮気・不倫調査】ある乗っ取り事案について(第7話の続編)

『探偵ブログ』第9話

前回調査の続編だが、A男性と看護師の情交関係の裏付けを3ヶ月という長期間に及ぶ行動調査を以てしても、両名の用心深さと悪賢さはずば抜けており、決して尻尾を現す事は無かったのである。

又、御依頼者のたっての要望により、A男性と依頼者が海外旅行中に預かっていた合鍵にてA男性の部屋に盗聴器を設置するが、帰国したA男性は誰かが部屋に侵入した形跡があると執拗に夫人を追求する。それは筆箱の中に置いていたドライバーの位置が少し動かされていると、たった一つの異変を指したのである。何という異常なまでの几帳面さと感覚の鋭さであるが、そこまで神経を尖らせなくては成らないのは一体何が存在するのであろうかと疑問視された!!

さてA男性の生活実態と言えば、午後2時過ぎに就寝して午後10時頃に起床し、朝方まで麻雀に興じ、その後はパチンコなどして時間を潰すのが日常であった。
そして依頼者は監視の意味でもA男性のこの変則的な就寝時間を除き、殆ど同伴行動をしており、仕事上で逢えない時間帯は電話を通話状態にしてまで行動把握に努めていた。
この様な状況から、A男性が女と会えるのは就寝時間帯しか残されておらず、ずる賢い同男性の裏をかいて此処に焦点を絞って調査を敢行した。

その結果、見事に的中し相当な警戒心の中、A男性と看護師の情交関係(同伴ホテルへの侵入)の裏付けに成功した。
以て経過報告を御依頼者に伝えると、夫人の強い希望により当該ホテルに自ら乗り込こみ折衝し、ホテル側がA男性の許可を得て直ぐに室内に侵入したが、既に女性の姿は無く見事に一人用に片づけられ、マッサージをして貰いに来たと、言い張ったとの事であった。

尚、海外旅行中にA男性が誰かが部屋に侵入したと依頼者に執拗に絡んだ事から鑑み、何かが部屋に隠して有るものと判断し、ご依頼者立ち会いの下、室内を隈無く探査するも浮気の形跡を示すものは見事に残しておらず、調査する者として茫然とした思いで壁を眺めていると隅の天井際の壁紙が2ミリほど手前に外れかかっているのが目に留まった。

何となく壁紙を撫でてみると、壁との間に薄い何かが挟まれている感触がしたので、その部分の壁紙を引き剥がして見ると、何と壁一面に相当数の男女の全裸で絡み合っている写真が貼り付けてあり、男の背中はA男性だが女性の顔は10人を超えており、その中には例の看護師や、何と依頼者の顔もあったのには流石に恐縮したものである。確して動かぬ証拠と相成り、調査を完了する。

それから数年後に偶然、走行中のA男性の車に御依頼者が同乗しているのを発見したが、あの後、どうなったかは計り知れないが、まだ両名が別れていない事だけは確かであり、恐らくA男性の巧みな言い訳に惑わされた儘である事は想像に難くない。

今振り返っても複雑怪奇な人間模様に思わず身震いを感じた事案であった。

 

第7話をご覧になる場合はこちらをどうぞ。

【浮気・不倫調査】ある乗っ取り事案について

浮気や不倫の調査
ご存知でしたか?

一番に多いご依頼は…浮気・不倫の調査です!

時代が移り変わっても浮気・不倫の問題は減少する事はありません。
以前は主に夫や交際相手の男性を対象とした調査でしたが、近年は女性の社会参加やSNSの影響などもあって、男性からパートナーの浮気・不倫調査依頼もずいぶん増えました。
昨今、3組に1組の夫婦が離婚(厚生労働省資料による)しており、他人事ではないのが現状です。

大阪、神戸など関西の『浮気・素行・所在』調査は女流探偵調査会社大阪、神戸など関西の『浮気・素行・所在』調査は女流探偵調査会社 株式会社 岸本総合リサーチ

浮気・素行・所在などの問題は一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
0120-120-848(年中無休・お見積り無料)

お問い合わせ »